わたし達の中に 生命があふれてる

犬好きで重なる勇気は最強なんだから

英文学

めちょっく!ハンナ・アーレント『人間の条件』もデタラメ訳だった!

※アーレントは腐女子で、肝心なところでホモの話をしています。あとで整理します。 ハンナ・アーレント『人間の条件』(ちくま学芸文庫、志水速雄訳)は、タイトルからして間違っている。アーレントは「読者だまし」を駆使して、読者を誤った理解に誘導してい…

めちょっく!ハンナ・アーレント『人間の条件』もデタラメ訳だった!(旧)

大きく書き損じたので、めちょっく!ハンナ・アーレント『人間の条件』もデタラメ訳だった! - わたし達の中に 生命があふれてる (hatenablog.com)に新エントリーを立てました。

映画音楽『Moon River』

あたし、わかったルン! 映画『ティファニーで朝食を』でオードリー・ヘプバーンが歌っていた『Moon River』もだましに来ているのです。 Moon river, wider than a mile I'm crossing you in style some day Oh, dream maker, you heart breaker Wherever yo…

テッド・チャン『デイシー式全自動ナニー』は自分は絶対悪くないのです

理想的なナースメイド He struggled visibly to contain his emotion at seeing what he had wrought in pursuit of his father's vision: a child so wedded to machines that he could not acknowledge another human being. I heard him whisper, "I'm so…

テッド・チャン『商人と錬金術師の門』はアラーが男色を許す話なのです

赤字青字はテキストの引用、下線は〇ビが理解したことなのです。 バシャラートはにっこりしました。「偶然も故意も、一枚のつづれ織りの裏と表ですよ、お客さま。両方眺めてみて、どちらか片方をより好ましいと思うことはあるかもしれませんが、片方が真実で…

テッド・チャン『息吹』もゾンビホラーなのです

テッド・チャン『息吹』もゾンビホラーなのです。ゾンビが大好きなのです。 Which is why I have written this account. You, I hope, are one of these explorers. You, I hope, found these sheets of copper and deciphered the words engraved on their …

テッド・チャン『大いなる沈黙』もホラーなのです

原文PDF 本文はこう終わるのです。 わたしの種は、たぶん、もうそんなに長くこの世にはいないだろう。われわれの時代が来る前に滅びて、"大いなる沈黙"に加わる可能性が高い。しかし、消え去る前に、われわれは人類にメッセージを送る。われわれはただ、アレ…

ジョン・ヴァーリイ『ブルー・シャンペン』の読者だましに訳者がはまったのです

『ブルー・シャンペン』のヒロインのメガン・ギャロウェイは感覚を再現するテープのAV女優で、20歳くらいの外見だが実は30過ぎなのです。重い身障者で、とほうもなく高額な義肢「黄金のジプシー」のレンタル代のためにAVに出ているのです。主人公のQ.M.クー…

プルンスが柳瀬尚紀先生から一本取ったでプルンス!

柳瀬尚紀氏が「翻訳はいかにすべきか」で、アップダイク「キリスト教徒のルームメイトたち」(新潮文庫「アップダイク自選短編集」収録)の訳を叩いています。冒頭の原文と柳瀬訳はこんなです。新潮文庫訳は叩かれているとおりです。 Orson Ziegler came strai…

テッド・チャン WHAT'S EXPECTED OF US「われわれに期待したもの」 全解説

テッド・チャン「WHAT'S EXPECTED OF US」は大森望氏が「予期される未来」というマヌケな題名でゴミ訳しましたが、みんなが思うのとはまったく違う小説なのです。 原文 〇ビ訳 予言機の中心部は、負の時間遅延回路だ。これは時をさかのぼって信号を送る。こ…

テッド・チャン WHAT'S EXPECTED OF US「われわれに期待したもの」 全訳

原文 解説 われわれに期待したもの これは警告である。注意深く読んでほしい。 そろそろ予言機を見たことがあるころだろう。きみたちがこのメッセージを読んでいるいま、数百万個が出回っている。知らない人のためにいっておくと、それは小さな機械だ。車の…

「ゼロで割る」ほぼ解説

テッド・チャン「ゼロで割る」の解説なのです。この小説はサイコゾンビホラーなのですが、読者だましであり、ハヤカワ文庫の訳者の浅倉久志氏はひっかかってしまったので、読んでも正しく理解することができないのです。〇ビがすくなくとも間違いではない訳…

「ゼロで割る」明智警視のヒントなのです

テッド・チャン「ゼロで割る」全訳の明智警視愛崎えみるのヒントなのです。引用は浅倉訳が間違えたところで、対応する箇所を赤字にしたのです。時系列にそって3aから始めるのです。ほぼ解説 3a 七歳の子供のころ、親戚の家を探検していて、レネーは床の滑ら…

テッド・チャン「ゼロで割る」全訳

ヒント 解説 引用は浅倉訳が間違えたところで、対応する箇所を赤字にしたのです。原文中のコロン(:)をそのままにしてあります。 ゼロで割る 1 数をゼロで割っても、答えは無限に大きな数にはならない。その理由は、除算は乗算の逆として定義されていること…

ナボコフ「良い読者と良い作家」全解説

ナボコフのエッセイ「良い読者と良い作家」の解説です。このエッセイはショーペンハウアーなどの読書論のパロディになっており、一見すると常識的な読書論ですが、本当はトリック小説を読む方法を説明しています。トリック小説とは作者の意図をことば遊びを…

ナボコフ「良い読者と良い作家」全訳

以下は、ナボコフ「文学講義」の冒頭のエッセイ「良い読者と良い作家」の全訳です。原文のworldはwordのダジャレになっており、ここでは「ことば」と訳しました。野島訳がナボコフに騙された部分を赤字にしました。これはナボコフの言うliteralな翻訳ではな…

スティーヴンソン「ジキル博士とハイド氏」

こいつはジキルより大柄みたい 本作はナボコフ「文学講義」の題材の一つですが、やっぱりトリックがありました。薄字は青空文庫の佐々木直次郎訳です。 Will Hyde die upon the scaffold? or will he find courage to release himself at the last moment? …

テッド・チャン「人類科学の進化」も宗教ネタだった!

他人と脳が直接つながっている統合思念体みたいなメタヒューマンが誕生したのです。彼らの科学には人間はまったく太刀打ちできないのです。その状況で人間の科学はどうなっていくのかを考察したショートショートなのです。短編集「あなたの人生の物語」収録…

テッド・チャン「バビロンの塔」「理解」「あなたの人生の物語」「地獄とは神の不在なり」本当はこんな話なのです

引用は原文とハヤカワ文庫「あなたの人生の物語」からなのです。 バビロンの塔 何世紀にもわたる人間の労働は、天地創造についてこれまで人間が知っていた以上のことを、なにひとつ明らかにしなかった。しかし、その努力のおかげで、人間たちはヤハウェの御…

ジョン・ヴァーリイ「プッシャー」 / John Varley "The Pusher"

Not everyone was cut out to be an astrogator. And what of it? It was honest work. He had made his choices long ago. You spent your life either pulling gees or pushing c. And when you got tired, you grabbed some z’s. If there was a pushers’…

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「ビームしておくれ、ふるさとへ」誤訳ッス

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアの「ビームしておくれ、ふるさとへ」の主人公ホービーは地球人ではなく本当にエンタープライズの乗組員だったのです。それは以下の手がかりからわかるのです。 HOBIE’S PARENTS MIGHT have seen the first signs if they ha…

アルジス・バドリス「無頼の月Rogue Moon」構造物も物質転送機も女の子だった!

物質転送機はオリジナルの人物を破壊し、月側にM)oon、実験室側にL)aboratoryを再構築する。また、Lは自分の感覚を遮断されMの感覚を受け取るようになっている。Mが死ぬか接触が切れるかするとLは自分の感覚に戻るが、その瞬間までの記憶は持っている。殊能…