わたし達の中に 生命があふれてる

犬好きで重なる勇気は最強なんだから

おフランス

世界一ただしいラカン:『エクリ』からもういっちょ

おなじところから拾ったワン。 “The necessary and sufficient reason for the repetitive insistence of these desires in the transference and their permanent remembrance in a signifier that repression has appropriated – that is, in which the re…

世界一ただしいラカン:『エクリ』から

ネットで拾っためんどくさそうな文章ニャン。 “The fact that the phallus is a signifier requires that it be in the place of the Other that the subject have access to it. But since this signifier is there only as veiled and as ratio of the Oth…

世界一ただしいラカン:『精神分析における話と言語活動の機能と領野 』

ジャック・ラカンっちは用語を陽に定義せず、また読者だましを駆使しているので、流通している理解はすべて間違いだワン。犬っちが解読して書いていくワン。 この記事では『精神分析における話と言語活動の機能と領野 』をやるワン。 ネットで拾ったおフラ…

ロラン・バルト『<作者>の死』全訳

(大改稿中) 〇ビっちはおフランス語が読めないので、底本はアスペンの英訳 ♡ ♡ ♡ > In his story Sarrasine, Balzac, speaking of a castrato disguised as a woman, writes this sentence: バルザックは小説『サラジーヌ』で、女のフリをしたあるカストラー…