わたし達の中に 生命があふれてる

犬好きで重なる勇気は最強なんだから

東鉄神『さよならの居場所』

東鉄神先生は遠藤淑子先生やこうの史代先生と並ぶ天才女性まんが家です(廣瀬周先生は男性です)。つまり世界一のまんが家です。『さよならの居場所』は単行本『Double Birthday』収録です。犬っちが完全解説します。成人向けまんがですが、性器の書き込みはご…

愛あるかぎり戦いましょう!ナボコフの一言作家評💛

Nabokov's Recommendationsの翻訳なのです。ナボコフのインタビュー集『Strong Opinions』から集めたそうなのです。リンクは日英のウィキペディアに張ったのです。iインタビューだが文体は犬っちのです。 ナボコフがホメるのは基本的にトリック作家なので、…

遠藤淑子『ニュームーン』

遠藤淑子『ニュームーン』は『マダムとミスター(2)』収録の美少女の幽霊の話です。しかし本当のヒロインは主人公の警官ロビーの相棒シェイラさんなのです。 内容紹介はせず、読んだ人向けの解説です。 シェイラさんはロビーの相棒です。 警官の仕事はとても…

遠藤淑子『空のむこう』

遠藤淑子の『空のむこう』は、同名短編集の表題作です。『スノウ』と同様、ていねいに読むと想像を絶する話です。内容紹介はせず、読んだ人向けの解説です。 表紙の女性はヒロインのエーディンだと思われますが 結婚したとき(18歳)より大人びています。 つま…

遠藤淑子『スノウ』

遠藤淑子の短編『スノウ』(白泉社文庫『空のむこう』収録)には、普通に読んだだけでは気づかない点があり、きちんと押さえると別の話になります。ストーリー紹介は省き、読んだ人向けにしました。 すのうさんが口紅を引いていますが、これは政略結婚の結婚式…

めちょっく!ハンナ・アーレント『人間の条件』もデタラメ訳だった!

※アーレントは腐女子で、肝心なところでホモの話をしています。あとで整理します。 ハンナ・アーレント『人間の条件』(ちくま学芸文庫、志水速雄訳)は、タイトルからして間違っている。アーレントは「読者だまし」を駆使して、読者を誤った理解に誘導してい…

めちょっく!ハンナ・アーレント『人間の条件』もデタラメ訳だった!(旧)

大きく書き損じたので、めちょっく!ハンナ・アーレント『人間の条件』もデタラメ訳だった! - わたし達の中に 生命があふれてる (hatenablog.com)に新エントリーを立てました。