わたし達の中に 生命があふれてる

犬好きで重なる勇気は最強なんだから

映画『スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』テーマ解説でありまーす

スタプリ全体でもっとも大事なことは、ララちゃんが男の子であり、ひかるに恋しているということであります。映画では、ユーマが無生物であり、そばにいる人の記憶や感情を記録するレコーダーのようなもので、劇中ではララの記憶と感情を記録し、またそれらを反映した行動をするであります。つまり、ララが怒っているときはユーマも怒っているように見え、ララがよろこんでいるときはユーマもよろこんでいるように見えるであります。これらを理解しないと映画の固有の価値がほとんどなくなり、ありふれた感動作になってしまうであります。

もうひとつ重要なことがあり、それは放送分のスタプリの最終二話は作り直しだということであります。放送分は無視して「本来の最終回」を考えなければ理解できない演出がスタプリには数多くあるであります。本来の最終回を復元したであります。

フローは無視して重要なところから順に書くであります。

テーマ解説

ユーマはララの記憶と感情を記憶したであります。ララとユーマがいっしょにすごしたのは三日間であります。初日は沖縄に行き、二日目は不思議スポットめぐりをし、三日目はハンターに襲われたであります。ララはひかると楽しくデートして、その記憶と感情をユーマが記録したであります。ユーマはひかるのララへの思いやりも記録したであります。つまり、ユーマの星は地球の記憶とプリキュアの歌と想い合うふたりの気持ちだけからなる美しい星であります。お歌の解説に書いた『What a Wonderful World』の

Yes, I think to myself, what a wonderful world 

の意味であります。同格のコンマでつながっており、myselfつまりひかララユーマwhat a wonderful worldは等しいであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200407154045p:plain

スター:まずは

f:id:ChaldeaGecko:20200407154332p:plain

信頼や友情などとはことなり、恋は無条件で絶対的なものではなく、破綻の可能性がつねにあるであります。しかしユーマの星はひかるとララしかいない閉じた世界であります。愛はあるけど、未来がないから勇気も希望もあってもばらばらであります。スタプリでは愛+勇気+希望=しあわせ(お歌の解説の『オズの魔法使い』に書いたであります)だから、ユーマの星にはしあわせの白はちょっとであります。男女の恋は破綻の可能性があるからこそしあわせであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200409235057p:plain

ユーマは赤ん坊のように見えるであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200411141809j:plain

2001年宇宙の旅』のスターチャイルドはもろ人間の赤ん坊なので見た目はかなり違うであります。

どんな願いもまっすぐ "本当"を聞かせてよ

だってきみのは わたしたちの

とにもかくにもララはひかると子供を作り、夢をかなえたが、ララはそのことに気づいてはいないであります。

この「夢」はララの恋、友だちに会いたいという気持ち、ユーマの夢(平和)と、ふたり、仲間、他人と三つのスコープのすべてがあてはまるであります。それをかなえるのがどれも愛であります。 

ララの気持ち

f:id:ChaldeaGecko:20200403041511p:plain

バーン:まだ動けるのか?

f:id:ChaldeaGecko:20200403041603p:plain

バーン:お前ら、ただの人間じゃねえな

f:id:ChaldeaGecko:20200406163023p:plain

ひかる:だれ?

フワ:なんでこんなことするフワ!

バーン:さわぐな!

バーン:探し物に来ただけだ

バーン:ん?

バーン:はぁ、見つけたぞ

f:id:ChaldeaGecko:20200403041812p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200406163245p:plain

バーン:ちょっと育っちまってるが、まあいい

バーン:そいつをもらうぜ!

f:id:ChaldeaGecko:20200406163458p:plain

ララ:だめえ!!

f:id:ChaldeaGecko:20200406163519p:plain

ひかる:ララ!
フワ:ユーマ!

f:id:ChaldeaGecko:20200403042102p:plain

バーン:ん?なるほど

バーン:お前らもそいつ狙いか

ララ:なに言ってるルン!?

バーンの言い分は

バーン:お前ら、ただの人間じゃねえな

バーン:ん?なるほど

バーン:お前らもそいつ狙いか 

であります。バーンはプリキュアのことを自分たちの同類のハンターだと思っているであります。

 

f:id:ChaldeaGecko:20200407144911p:plain

ハンター5:横取りする気か

ハンター6:邪魔はさせねえ!

バーン以外のハンターの認識もおなじであります。

 

f:id:ChaldeaGecko:20200403173438p:plain

アン:スタードロップは、出会った相手から強い影響を受けてしまうのです

f:id:ChaldeaGecko:20200403173514p:plain

アン:似た性質を持つミラクルライトでその子を探し、保護するのが

f:id:ChaldeaGecko:20200403173549p:plain

アン:本官の本来の任務だったであります

f:id:ChaldeaGecko:20200403173643p:plain

ララ:守るなら…

アン:えっ?

f:id:ChaldeaGecko:20200403174029p:plain

ララ:わたしたちでもやれるルン

ララの「守るなら…」は、ユーマを悪い影響から保護するという意味であります。

 

バーン:守ろうが、奪おうが

f:id:ChaldeaGecko:20200403180429p:plain

バーン:そいつにとっちゃ大して変わらねえ

f:id:ChaldeaGecko:20200403180453p:plain

バーン:全部俺たち、人のやることだ

バーン:そうだろう?

バーンはプリキュアをハンターだと思っているから、言い分は

先に手に入れたものを守ろうが、あとから来てそれを奪おうがそいつにとっちゃ大して変わらねえ 

であります。これは乱暴だけど間違ったことではないであります。しかしララは

ユーマを悪い影響から守ろうが、ハンターがユーマを奪おうがそいつにとっちゃ大して変わらねえ 

と解釈してしまったであります。つまり自分の大義名分をなくしたであります。ララはアンにも

アン:その子だって、きっと…

f:id:ChaldeaGecko:20200403174938p:plain

ララ:いやルン!!

ハンターにも

f:id:ChaldeaGecko:20200403183042p:plain

ララ:いやルン…

ララ:ユーマを連れてかないで

いやルン」とおなじことばを向けているから、自分の気持ちが利己的だと自覚しているであります。そのため

ミルキー:わたしのせいルン…

f:id:ChaldeaGecko:20200407151845p:plain

スター:えっ

f:id:ChaldeaGecko:20200407151923p:plain

ミルキー:わたしがユーマと

ミルキー:離れるのはイヤだって

ミルキー:もっといっしょにいたいって

f:id:ChaldeaGecko:20200407151955p:plain

ミルキー:そのわがままがユーマを…

スター:違うよ!

スター:あのハンターは、ユーマを怖がらせたから

ミルキー:でも

自分を責めたであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200409220812p:plain

ユーマ:☆△

f:id:ChaldeaGecko:20200409220850p:plain

ミルキー:ユーマ

ミルキー:ごめんルン

f:id:ChaldeaGecko:20200409220918p:plain

ミルキー:あたしのせいで、なんか大変なことに

最後までその認識であります。

 

f:id:ChaldeaGecko:20200407163017p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200407163050p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200407163108p:plain

ミルキー:ユーマはきっと、宇宙へ帰りたかったんだろう

f:id:ChaldeaGecko:20200407163128p:plain

ミルキー:それをわたしは…

ララはユーマが宇宙に帰りたがっていると思っているため、本当にユーマが帰るであります。

 

f:id:ChaldeaGecko:20200403174301p:plain
ララ:そうなったら、わたしもユーマの星に暮らせばいいルン 

f:id:ChaldeaGecko:20200403174356p:plain

プルンス:現実的じゃないでプルンス 

 ララの気持ちは仲良くなったネコを親に捨てられそうになった小学生のようなもので、現実的でないことを言うのはなにもおかしくないであります。えれまどとユニはほとんどノータッチだし、ひかるはララのような仲直りの経験もないから、これはララだけの気持ちであります。

 

f:id:ChaldeaGecko:20200407152147p:plain

スター:ララは、ユーマが好き

f:id:ChaldeaGecko:20200407152233p:plain

ミルキー:ルン?

f:id:ChaldeaGecko:20200407152745p:plain

スター:もちろんわたしも、ユーマが好きだよ

プリキュアは変身中はプリキュア名で呼び合うのが基本ですが、たまに本名で呼ぶことがあるであります。ここでは変身前のララの気持ちを指しているであります。前述のように「ララは、ユーマが好き」と「もちろんわたしも、ユーマが好きだよ」は全然違う「好き」であります。でもひかるもみんなもララとユーマの仲直りのことを知らないから、自分とおなじように考えたであります。

 

f:id:ChaldeaGecko:20200407153708p:plain

スター:わたしだって、ユーマと別れるのはいやだよ

f:id:ChaldeaGecko:20200407153740p:plain

スター:でも、さっき、すぐそうこたえられなかったのは

f:id:ChaldeaGecko:20200407154004p:plain
ミルキー:いちばん大切なのは

ミルキー:ユーマの、気持ちだから

ここは「いちばん大切なのは ユーマの、気持ちだから」とララに言わせつつ、ララの気持ちをだれも考えなかったという残酷な場面であります。

さて、ユーマをひかるに置き換えて

ミルキー:いちばん大切なのは

ミルキー:ひかるの、気持ちだから

 ララがひかるに恋していることを思い出せば

f:id:ChaldeaGecko:20200407154045p:plain

スター:まずは

f:id:ChaldeaGecko:20200407154332p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200407154448p:plain

アニメでは握手は絶対的な信頼や友情をあらわすでありますが、女子が握手をもとめるときには男子には恋していないのであります。つまりララはここで失恋したであります。恋と信頼が両立しないのは、恋が本質的に破綻の可能性を持っているからであります。 ちなみに、男子が握手を求めるのは女子への恋をあきらめたときであります。これがヒープリ映画で描かれるのは間違いのないところであります。魔法少女まどか☆マギカの杏子とほむらのような、女の子どうしの恋はどうやら男女の恋とはまったく別物であります。

ひかるの気持ち

f:id:ChaldeaGecko:20200403183151p:plain

ユーマを奪われたララがおびえているだけであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200403183211p:plain
ララ:ユーマァァァーーー!!!

アニメでは号泣には大した意味はないであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200403185110p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200403185135p:plain

ユーマを暗黒惑星化させたのはララではないであります。悪意などどこにもないであります。ハンターでもないであります。他のハンターからぶんどっただけの悪意だし、いちいち暗黒惑星化させていては商売あがったりであります。ひかるのハンターへの憎しみが暗黒惑星化させたであります。それが証拠にユーマの顔が劇中でここだけ赤くなったであります。ひかるの憎しみと同時に、ララを思いやる心もユーマが記録したであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200407144336p:plain

暗黒惑星がハンターを攻撃するのは、ひかるのハンターへの憎しみのためであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200407151137p:plain

ユーマはプリキュアも攻撃しますが、バーンが余計なことを言ったためであります。

バーン:守ろうが、奪おうが

バーン:そいつにとっちゃ大して変わらねえ

バーン:全部俺たち、人のやることだ

このためユーマは見境なく攻撃するであります。 

エンディングとエピローグ

f:id:ChaldeaGecko:20200404192338p:plain

なにを思ったのか東映の広報ワスレグサ(クヮンソウ)と書いてしまいましたが

和歌では、夏の季語、および悲しいこと(忘れたいこと)があった心境を表す言葉として詠まれる。

忘れ草 垣も繁みに植えたれど 醜(しこ)の醜草(しこくさ) なお恋にけり— 『万葉集』巻十二3062
わが屋戸の軒のしだ草生ひたれど恋忘草見れどいまだ生ひなく— 『万葉集』巻十一2475

断じてありえないであります。これはヒメユリであり

夏の野の繁みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものぞ 大伴坂上郎女  巻八1500

恋のうたであります。ララの恋を象徴的に描いているであります。映画のタイトルが『星のうたに想いをこめて』と「うた」がひらがななのだから、『Twinkle Stars』以外にもなにかがあり、すなわちこの万葉集のうたであります。しかしユリだから女の子どうしだと短絡するとプリキュアチームの思うつぼであります。

 

f:id:ChaldeaGecko:20200409224949p:plain

スター:キラやば…

ひかるは涙をこぼしていないので、大した意味はないであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200409225818p:plain

ミルキー:またルン

f:id:ChaldeaGecko:20200409225932p:plain

ララは 宇宙に帰って行くユーマの星を見て涙をこぼしたであります。アニメでは涙をこぼすのは信念を抱いたときであります。ララはもうユーマとは会えないことはわかっていたが、「またルン」とウソをつき、それを信じたであります。もしユーマとまた会えたなら、自分の恋もかなうと信じたであります。つまり愛の星に願いをかけたであります。

この場面の元ネタは千昌夫星影のワルツ』であり、「星のうたに想いをこめて」の「うた」の一つであります。残りは『Twinkle Stars』と万葉集であります。まだあるかもであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200409233941p:plain

ララ:これはきっと、道しるべルン

このペンは本来の最終回で使うはずだったであります。しあわせの白の羽をあしらっているであります。

 

お歌の解説でありまーす

 

みんな友だち

f:id:ChaldeaGecko:20200402150325p:plain

ララ:だいじょうぶ、みんな友だちルン

みんな友だち」はスタプリ全体ひいてはプリキュア全体のテーマであり、本作でも重要な位置を占めるであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200406175501p:plain

ソレイユ:仲がいいんだか、悪いんだか…

ユニはアンが帰るのを

f:id:ChaldeaGecko:20200409233647p:plain

 こっそりのぞいているであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200409221023p:plain

ミルキー:あたし、わかったルン

f:id:ChaldeaGecko:20200409221103p:plain

ミルキー:この星は

ミルキー:ユーマがいつかなりたい星の

f:id:ChaldeaGecko:20200409221134p:plain

ミルキー:未来のイメージ

f:id:ChaldeaGecko:20200409221158p:plain

ミルキー:ユーマの

f:id:ChaldeaGecko:20200409221229p:plain

ミルキー:夢ルン

あたし、わかったルン」という言い回しは、観客もララになったつもりで考えなさいという意味であります。

f:id:ChaldeaGecko:20200404233313p:plain
ミルキー:これは…きっと…

ミルキー:夢ルン

ララがこの花を知っているのは、ユーマと仲直りしたところにたくさん咲いていたことだけであります。だからユーマの星にこの花が一面に咲いているということは、ユーマはみんなと仲良くしたいのだろうとララは考えたであります。それは愛の星であるユーマの夢にふさわしいであります。ユーマは無生物なので、これはあくまでララの考えであります。ララちゃんはとてもやさしい子であります。

男 強さ やさしさ

力 勇気 かがやき

宇宙刑事シャリバン

 星空刑事はアン、でありまーす!

「みんな仲良くする」がスタプリのテーマだと知っていれば、三波春夫他『世界の国からこんにちは』を第一話に見つけることができるであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200404192338p:plain

 ありふれた丘なので知らなければまず不可能でありますが、文学にはこういう偶然の一致は絶対ないのであります。

こんにちは こんにちは

月へ宇宙へ

こんにちは こんにちは

地球をとび出す

こんにちは こんにちは

世界の夢が

こんにちは こんにちは

みどりの丘で

f:id:ChaldeaGecko:20200216214903p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200216214919p:plain

1970年の こんにちは

こんにちは こんにちは

握手をしよう

f:id:ChaldeaGecko:20200216194447p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200216194508p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200216194715p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200216194554p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200216194818p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200216194839p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200216194904p:plain

ララは男の子だからかわいい女の子に手を握られて、ことばも通じたので恋したのであります。手と手でキュン!であります。 

戦争について

この映画は沖縄が舞台になっているでありますが、その必然性はまったくないであります。しかし

と、戦争を強く連想させるものがあるであります。なぜなら本来なら最終回はヘビ女から地球を守る戦争だったからであります。オープニングでプリキュアがひらひらと飛ぶのはパクリ元のバルキリーのイメージであります。

しかしこの作品は戦争期のできごとや作品でも

平和と未来を感じさせるものを多く元ネタとしているであります。沖縄出身の知念里奈さんは平和な沖縄と愛の象徴であります。メリー・アンがやたらかわいくしかも好待遇なのもそのためであります。

ユーマの星

ユーマの星は、ララの楽しかった沖縄と不思議スポットめぐりの記憶と感情と恋心と、ひかるのララへの思いやりだけできている美しい星であります。ララは知らないが、彼の願いがかなった星であります。普通の映画ならメインディッシュであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200404065504p:plain

ララ:聞かせて

f:id:ChaldeaGecko:20200404065705p:plain

ララ:ユーマの想い!

聞かせてといったのだから

f:id:ChaldeaGecko:20200404070408p:plain

コスモ:星が、生まれ変わる!

ひかるの憎しみのかわりに、ひかるとララの想いと記憶を見せたであります。憎しみは想いではないであります。

ラクルライトとユーマの星

プルンス:さて、このミラクルライトには 

f:id:ChaldeaGecko:20200401100416p:plain

プルンス:不思議な力があるでプルンス

会社ロゴ前の、ミラクルライトの注意事項の説明でありますが、これも映画の大事な一部であります。『星に願いを』の

きらきら星は不思議な力

から、ミラクルライトときらきら星がおなじ「不思議な力」を持っていることがわかるであります。

星に祈れば淋しい日々を

光り照らしてくれるでしょう

と、主題歌『Twinkle Stars』の

どんな夜にも灯る 熱い願い 煌めくよ

それは愛の光 彼方まで照らす

から、「不思議な力」は愛の力だということがわかるであります。

 

アン:似た性質を持つミラクルライトでその子を探し、保護するのが

f:id:ChaldeaGecko:20200403173549p:plain

アン:本官の本来の任務だったであります

ユーマと似た性質を持つミラクルライトだから、ユーマの星もまた愛の星であることがわかるであります。 したがって「彼方まで照らす」のは、ひかるとララの愛だけでなく、ユーマの星もまたそうだということがわかるであります。実際、ユーマの星はひかるとララの感情と記憶からなる星であります。

フワ:がんばれプリキュア~!

フワ:がんばれフワ~!

f:id:ChaldeaGecko:20200403050452p:plain

愛の光は紫色であります。 

f:id:ChaldeaGecko:20200404051306p:plain

 ひかララが上空に撃っているビームもおなじ色であります。

f:id:ChaldeaGecko:20200404052218p:plain

ユーマとミラクルライトは似た性質というよりおなじものであります。

さて、テレビシリーズ主題歌『キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア』の出だしは

ドッキドキ ドリームが煌めく

であります。愛が視聴者のドッキドキなドリームを満たすであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200407152147p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200406165646p:plain

ユーマとララの仲直り

ユーマの行動はすべてララの感情の反映であります。

f:id:ChaldeaGecko:20200402045441p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402045520p:plain

ララ:オヨッ

f:id:ChaldeaGecko:20200402045551p:plain

ララ:オヨオヨオヨッ

f:id:ChaldeaGecko:20200402045616p:plain

ララ:あっ、こらっ!

f:id:ChaldeaGecko:20200402045641p:plain

ララ:だめだって言ってるルン!

f:id:ChaldeaGecko:20200402050211p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402050237p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402045800p:plain

ララ:痛った!

f:id:ChaldeaGecko:20200402045832p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402045856p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402045916p:plain

ララ:くっ…

ララ:もう

f:id:ChaldeaGecko:20200402050451p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402050548p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402050653p:plain

ララ:いいかげんにするルン!

ユーマが逃げたがって反抗的に見えるのは、ララが無理矢理連れて帰ろうとする強引さの反映であります。

f:id:ChaldeaGecko:20200402050952p:plain

ララ:異星人は、地球人に正体がバレちゃいけないルン

f:id:ChaldeaGecko:20200402051116p:plain

ララ:バレたら、大変なことになるルン

f:id:ChaldeaGecko:20200402051255p:plain

ララ:それに

f:id:ChaldeaGecko:20200402051327p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402051510p:plain

ララ:知らない人に連れて行かれたらどうするルン!

f:id:ChaldeaGecko:20200402051535p:plain

ララ:怖い目にあったら、どうするルン!

ララはユーマが逃げたがっていると誤解しているであります。ララが自分にはなついていないと思っているからユーマが逃げたがるであります。ララはやさしいから宇宙生物のユーマの身を心配しているであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200402051402p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402051644p:plain

ララ:みんながひかるみたいな人ばかりじゃないルン

ララ:これがもし!もし!

f:id:ChaldeaGecko:20200402051902p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402052014p:plain

ララ:あっ

f:id:ChaldeaGecko:20200402052031p:plain

アニメ一般で、こぼさない涙にはあまり意味はないであります。つまり、目のアップはひっかけであり、この場面から意味をくみ取りすぎてはいけないであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200402052051p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402052211p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402052234p:plain

ララ:もう、知らないルン…

f:id:ChaldeaGecko:20200402052318p:plain

ララ:勝手にするルン

みんなはひかるのようなオカルトマニアではないが、みんないいやつで仲良くしてくれるから、ユーマもどこに行ってもきっとかわいがられるだろうと気づいたであります。バツが悪くなって「もう、知らないルン…」とごまかしたであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200402052914p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402052940p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402053010p:plain

ララ:んっ

ララ:知らないって!

ララはユーマが逃げたがっているなら置いていこうとしたであります。ネコを捨ててくるカンジであります。本当は置いていきたくないからユーマもついてくるであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200402053135p:plain

ユーマが泣いているように見えるのは、ララが心で泣いていることの反映であります。

f:id:ChaldeaGecko:20200402053213p:plain

ララ:オヨ!

ララ:な、泣いてるルン!?

f:id:ChaldeaGecko:20200402053035p:plain

ララ:??とか??ルン!?

ララはユーマが捨てられるのがいやで泣いていると勘違いしたであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200402053243p:plain

ララ:ど、どうするルン!?

ララ:ど、どうすればいいルン!?

f:id:ChaldeaGecko:20200402113207p:plain

ララ:オヨ!?

f:id:ChaldeaGecko:20200402113244p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402113323p:plain

ララ:えっと…たしかこんな感じ…

f:id:ChaldeaGecko:20200402113422p:plain

ララ:♪~

f:id:ChaldeaGecko:20200402113605p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402113716p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402113747p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402113945p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402114143p:plain

ララ:落ち着いたルン?

 落ち着いたのはララのほうであります。歌うことで落ち着いたであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200402114252p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402114318p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402114336p:plain

ララ:じゃあ

ララ:行くルン

f:id:ChaldeaGecko:20200402114457p:plain

ララ:なにしているルン?

f:id:ChaldeaGecko:20200402114824p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402114853p:plain
ララ:みんなのところへ、帰るルン

 ララはツンデレであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200402114954p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402115024p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402115101p:plain

ユーマがついてくるのは、ユーマといっしょにいたいというララの気持ちが反映されたにすぎないであります。

f:id:ChaldeaGecko:20200402115129p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402115247p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402115310p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402115340p:plain

f:id:ChaldeaGecko:20200402115408p:plain

ララ:んっ…

f:id:ChaldeaGecko:20200402115659p:plain

ララは握手のつもりで触手を出したが、ユーマがつかんだのはあくまで「握手をしたい」というララの気持ちの反映であります。