わたし達の中に 生命があふれてる

犬好きで重なる勇気は最強なんだから

世界一ただしいラカン:『エクリ』からもういっちょ

f:id:ChaldeaGecko:20200725003132p:plain

おなじところから拾ったワン。

“The necessary and sufficient reason for the repetitive insistence of these desires in the transference and their permanent remembrance in a signifier that repression has appropriated – that is, in which the repressed returns – is found if one accepts the idea that in these determinations the desire for recognition dominates the desire that is to be recognised, preserving it as such until it is recognised” (Ecrits, 431).

 用語集だワン。

  • the repetitive insistence (反復強迫)
  • desire 「相手に分節して(知って)ほしい」という欲望
  • a signifier 名前
  • the transference (転移)
  • the repression (抑圧)
  • recognize 分節する
  • it 分節される前の自分
  • as such あるがまま

読者だましを解説するワン。

The necessary and sufficient reason for

  the repetitive insistence of these desires in the transference and

  their permanent remembrance in

    a signifier

      that repression has appropriated

      – that is, in which the repressed returns –

is found

if one accepts

  the idea

    that

      in these determinations

      the desire

        for recognition

      dominates

      the desire

        that is to be recognised,

      preserving it as such

      until it is recognised 

in a signifierはtheir permanent remembranceにだけかかるワン。

a signifier

      that repression has appropriated

      – that is, in which the repressed returns –

犬っち抑圧のことはしらないが、これでいいはずワン。

転移における彼らの欲望反復強迫と、 あるシニフィアン、それは抑圧が占有し、抑圧されたものがそこにおいて回復するのだが、そのシニフィアンにおける彼らの永続的な想起の必要十分な理由は、もし以下の考えを受け入れるなら、見つかる。

以下の考えだワン。

      the desire

        for recognition

      dominates

      the desire

        that is to be recognised,

      preserving it as such

      until it is recognised 

この赤字はすべて「分節される前の自分」の話だワン。

あるがままの「それ」を保ちつつ、「それ」が認識されるまで、認識しようという欲望が、認識されたいという欲望を支配する。

 

相手を知りたいという気持ちが、相手に知ってほしいという気持ちに勝ちつつ、相手に知ってもらえるまで名前を繰り返して呼ぶ、ということだワン。

反復強迫はこれでいいとして、抑圧転移がわかんないワン。転移はどうも相手を「おかあさん」と思うことのようなのだワン。